検索
  • 茂歩樹 塩見

GSXR1100のオイルパン修理


古いバイクでよくある話。


加工の経歴が分からないバイクは特にですが、オイル交換時に馬鹿力で締め付けしてるドレンボルトが多いこと。。。


クラッシュワッシャーがペチャンコになるくらい締め付けてるのを良く目にします。


今回のGSXRも同じでしょう。


オイルパンを取り外し洗浄。

旋盤で7n01材を削り出してボスを作成。

取り付け部をマシニングセンターで贅沢に切削した後、TIG溶接にて結合。




今回はオイルテンプメーター用の取り出し口も追加で取り付けました!


これでオイル交換もトラブルなしで行けますよ!



後は取り付けて完成です!



90回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自動車・オートバイの販売整備

弊社は中国陸運局認証工場です。 オートバイ自動2輪、自動3輪車、軽自動車、小型乗用車、普通乗用車、小型貨物自動車まで 幅広く分解整備を行うことができる整備事業所です。